« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/29

ハレ晴レスイング2

 腹も治り、いささか調子が良くなったhanは今日、会社帰りに「ハレ晴レスイング2」が無性に欲しくなり、ガシャポンを回しに大宮のビ○クカメラに行きました!

 周囲を気にしながら、ヒソヒソ回した↓

 1回目・・・ガシャガシャ、ポン!・・・ホモ泉かぁ~(-_-)

 2回目・・・ガシャガシャ、ポン!・・・鶴屋つぁんキター(´ワ`*)

 3回目・・・ガシャガシャ、ポン!・・・みっくるんるん白バニ~(´ー`)

・・・そろそろやめようか、ダブりそうだしっ・・・・・・あぁ、手が勝手に~(ノ´д`ノ(100)(100)Θ

 4回目・・・ガシャガシャ、ポン!・・・長門さんキタ━━━━∵(゚ε゚(ヽ( ´ω` )ノ)゚з゚)∵━━━━!!!

というわけで、気分が最高潮のここで終了!・・・したかったのだが・・・やめられない止まらない! 

 次に同じ台でやると、ダブりそうな直感が働いたため、場所を変え、ア○メイトに行き、最後に1回、ガシャガシャ、ポン!・・・チアハルヒヽ(^ー^)ノ・・・ダブり無しという最高の結果となった!(赤みくるは保留)

 チャララン チャッラッラーン♪ hanのレベルがあがった。

                    hanのうんのよさがあがった。

                    hanのすずみやはるひのゆううつにたいしての

                                           あいじょうがさらにあがった。

今日のガシャポンで、今年度(18年度)の運を全て使い切った気がする(;一_一) 今年度が終わるまであと3日、果たして、乗り越えられるので、あ ろ う か!?

P1010020

 ちなみに、1シリーズはもちろん集めてたりする;

 ヤッツッツッパリリッタリランラン ピッタリリンラン ピチタリリンラン♪(・ω・)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

腹痛い中、ペンタブ購入!

本日の朝より、水下痢が止まらないhanです(´□`川)

それはさておき、やっとこさ新型ペンタブ&フォトショのセット買いました~ヾ(・ω・*)ノ

左が5年前の旧型、右が新型です。1万8千円代で購入。(PC買ったときのポイントがあったからタダで買えたw)

P1010013

デザインも性能も良くなって、嬉しいかぎり(*´∀`)

調子に乗って、ビスタで初のフォトショお絵かき(何の変哲もない長門さん)を描いてみた。

Photo_4

自分が画力無い&まだ新ペンタブもフォトショも慣れてないため、線が汚くてすみませんm(_ _)m

今日は体長悪いのでこの辺で…ウェブ拍手に何か励ましのお言葉いただけたら幸いです。(←あつかましいw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

拍手レス

これぞまさに茹で長門!

拍手絵は、トップ絵の150年後です(;・ω・)ノ

長門さんきゃわいいです。。

ありがとう>< 長門さん、その体勢から温泉の中で立って欲(ry

パンダ長門最高です!画像保存しちゃいました~GJ!

ぬいぐるみグッジョブъ(´ι _` ) ㌧クス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

紙粘土パンダながとさん

 ども、hanです(・ω・)ノ

 いきなりですが、鯖煮込み様のサイト

Taboten_1

で、hanが造らせていただいた紙粘土パンダながとさんが掲載されました~ワーイヾ(*・ω・)ノ゜

 憧れの「多忙天使」様に載せてもらえて、うちのパ長さんもさぞ、お喜びのことで…

Dscn1325

・・・・・・・・・・って寝てるしっ(´A`;)

ということは、古泉は(゚ロ゚;)))

Dscn1327

・・・そろそろ四方八方からボコされるな、こりゃもうだめかもしれんね(;ω;)

最後に、鯖煮込み様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとキタ━━(´∀`)・ω・);゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)≧。≦)^◇^)゚з゚)━━!!!!

「FAVO Photoshop Elements Plus」発売!

 さっき公式サイト見て気づいたけど、Adobe Photoshop Elements 5.0 Windows版が付いたA5サイズのFAVOペンタブが発売になったんだね(*´ー`*)

 念願だったものがやっと出たよ~><  この頃は古いA5サイズのFAVOの支点が定まらなくなると同時に、画像編集してたMeのノートPCもご臨終直前だったから、すごく良いタイミングでセットが出てきてくれて本当に助かる~^^

 次回の休みに即座に電器屋さんで買ってきま~す(・ω・)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

埼玉北西部の温泉 2  秩父吉田温泉 星音(せいね)の湯

またまた半月も放置してしまった…(_ー;)

 一昨日温泉行って、写真収集してきたのでご紹介しますね(>Д・)b

 最初にご紹介するのは、秩父吉田温泉 星音(せいね)の湯、通称「ばいえるです。 han的には、この近辺の温泉の中で、一番大好きなのがココだったりする。

 

 まずは外観をご覧いただきたい↓(夜で暗いのはご愛敬;;)

Dscn1282

 これ温泉に見えますか(?_?) ペンション風な建物で、温泉なんかあるように見えるだろうか??

 実はココ、結婚式場兼リゾートホテルという、ヨーロピアンスタイルの中に、和風温泉があるという、めっちゃ折衷している温泉なのれす(>Д<)ノ

 体が肉体的、精神的メランコリー状態になったときに、気が付くと足を運んでいるという、俺には長門さん並みに癒される空間。それがココ。

 中に入るとホテルの受付カウンターがあり、普通なら「部屋空いてますか?」と聞くスチュエーションだが、ここで「温泉一人」と言って500円払う。実にである。

 入り組んだ細い廊下、階段を進むと、20畳くらいある畳の敷かれた食事処兼休憩所がある。ここまで来て、やっと温泉センターらしくなってくる。その先に念願の温泉がある。

 全体的には脱衣所、浴室、露天風呂ともそこまで大きくはない(脱衣所の扇風機は異常にデカイ)。しかし、内、半露天、露天という感じに3つも浴槽があるのは大変うれしきことかなである。 内湯はこのくらい↓で、4人以上入るのはキツそう。。 浴槽のフチはヒノキ(だと思う)、内側はのタイルである。

Dscn1280_1 

この内湯の左側に洗い場がある。水道の水圧が強くて、我がケロリンにすぐ湯がたまってくれるので嬉しいかぎり! 次は外へεε(/・ω・)/

Dscn1274

どうだい~この雰囲気、めがっさ行ってみたいって思わないっかなぁ??

 手前側の浴槽の上にはよしずか忘れたが、それで作られた屋根があるのでの日でも頭を濡らさずに温泉に入ることができる。屋根はあるが、内湯とは、ガラスの仕切りで区切られている外なので、半露天といったところ。浴槽の作りは内湯とほぼ変わらない。

 そして、hanのイチオシ!一番奥の露天風呂! すべてがヒノキ造り(´∀`*) もう、なんて言えばいいのだろうか・・・贅沢極まりない!!最高(^^*)

 そしてここをおススメしている一番の理由、それは泉質だ!! ナトリウム塩化物炭酸水素塩冷鉱泉というこの泉質が大好きなのである(>Д<)

 この泉質は、東京の蒲田温泉、千葉の亀山温泉など、比較的に近いところで出ることの多い泉質だが、内陸部でもちらほら出ているところがあるのだ。 なぜだかわからないけど、海側は湯が「色」をしていて、内陸は「色」なことが多い。ちなみにココはタイルや木の色でごまかされ、色が付いているのかいないのかわからない…。  特徴は、成分が濃いと、入った瞬間から体の表面がヌルヌルスベスベするのである。この感触は、全身ローショ

ry

 少し残念だが、湯量の関係からだろうか、すべての浴槽は循環湯である。(しかし、露天風呂は入ってから数分後に上がると自動的に新しいお湯が継ぎ足される仕組みになっている。スゴイ!!) 内湯が一番熱く、露天に行くにしたがって温くなっている。

二人用のサウナもあるよ~↓中には5分間で落ちる砂時計があるよ~^^

Dscn1276

そしてこの温泉が好きな理由がもう一つ! それは、休日でも空いてるということ。日曜日に行っても、誰も入ってないこともあるという、超穴場スポットなのだm9(>д<) これで3時間500円とくりゃもう気分はウハウハだねっ(*^ー^*) 近くまで行ったら是非立ち寄っていただきたい。

評価・・・ 秘湯     ☆        空いてる度  ☆☆☆☆

      ひなびた感 ☆        施設の充実さ ☆☆

      浴感     ☆☆☆☆☆

      湯の特徴  ☆☆☆

場   所 埼玉県秩父市下吉田483-2

営業時間 日帰り11:00~22:00 三時間大人500円 子ども300円

http://www.beyer.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

100円ショップにあるもので作れるキャラクターマグネット

 こんにちは!hanです(・ω・)ノ  今回は自動車の後ろに貼るとワンアクセントになる、痛車キャラクターマグネットの作り方をご紹介!! 「涼宮ハルヒの憂鬱」の「鶴屋さん」を今回は作りま~す!!

 用意するもの・・・紙、ハサミ、セロテープ、(定規、)鉛筆、油性ペン、カッター、アルコールウェットティッシュ(除光液とティッシュでも可)、そして肝心なのが、100円ショップで売ってるマグネットシート!! 今回は鶴屋さんということでのものをチョイスしました(*^_^)ノ 

Photo_1

 あと、元になる画像を用意します。今回は鶴屋さんポスター♪  (注:ちなみにただのマグネットですので、キャラクターの形を切り取り、シルエットのみで楽しむものであり、もし顔や体をカラーで描きたい場合、別のもの(印刷できるシールなど)が必要となります。)

Photo

 自分の場合、これを見ながら一番外側の線を紙に描いていきます。(絵が苦手な人は元の画像の上に紙を敷き、なぞって描くと良いでしょう) コツとしては、現物より中身を太く描き込み、簡略化すること。(特に髪の毛など) そうしないとあとでその部分が折れて「あぁ~あ(T_T)」ということになります。

Photo_1

 それが終わったら、その紙に描いたを切り取ります。

Photo_2

 切り終わったら次にマグネットにテープで貼り付け・・・って、髪の毛はみ出てるじゃん!!(;´Д`) これはひどい・・・。ご利用は計画的に!!

Photo_3

 どうにか切り取りマグネット内へテープで三か所くらい貼り付け・・・最初から寸法測っておけばよかった(;・_・) そしてこのあと、この紙の淵を油性ペンでマグネット側になぞっていきます(・ω・)/

Photo_4

 なぞり終わったら紙をはがします。こんな感じになるはずです。

Photo_5

 そうしたらマグネットを線に沿って切り取ります失敗はできないので慎重にハサミカッターを上手く使い分けながら頑張ってください。(大まかなところはハサミで。細かいところはカッターで。)

 切り取り終わるとこのようになり、もうワクワクが止まらなくなってきますvvムッハー (; ゜゜)=3

Photo_6

 しかーし、慌てちゃならねぇ。ここで登場するのがアルコールウェットティッシュ又は除光液!淵の線を落としましょう。

Photo_2

 隅々まで拭きましょう。

Photo_7

 これでやっと完成です!

Photo_8

 今のと同じ手順を繰り返すと、このようなものが作れます↓。「TSURUYA」ロゴの作り方は、定規を使って線を描いて切り取った後、アルコールで拭いた行為を行わずに、逆に描き加えると作れますヨ(*^_^*)

Photo_9

 ちなみにこれまでの完成品のハルヒ長門も合体させると・・・

Photo_10

 ジャジャーン!!

Photo_14 鶴屋さんデカッ(゜o゜)!

 というわけで、早速完成した鶴屋さん、我がマイカー「半炒飯号アン○ンマン号に似てるw)」に付けてみた。脱着可能なのが最大の魅力!

Photo_11

 注:ボディに傷が付きますので、洗車してからのご使用をお勧めしますm(_ _)m

Photo_12

 「どうだい?このマグネット、めがっさ似合ってると思わないっかなぁ?? どうにょろ?」

Photo_13

 てな感じで、今回のマグネット講座いかがだったでしょうか?  値段はお手ごろですが、制作1体に2,3時間かかりますので、もし暇があればチャレンジする価値アリですヨッ!! ではまた(・ω・)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/03/03

トップ画像変更!&群馬県の温泉1

 温泉に長門さんを入浴させてみました~ワーイヽ(´ー`)ノ  拍手絵と比べたらエライ違いだ(・_・;)ゞ

Photo

 こちらの長門さんが入浴している温泉は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある、「奥嬬恋温泉 別邸花いち」さんの露天風呂です。

 昨年の師走の忙しい時期に立ち寄り湯できるかどうか電話で確認。 従業員さん(女将さん?)の「やっていますよ~。の一言を聞き、すぐさま直行!εε(/・ω・)/⇒

_047

↑これが全景。右奥が本館の「干俣(ほしまた)旅館」さんで、左の新しいのが新館の「別邸花いち」さんっぽいです。

 今回は新館の風呂が目当て。受付でお金を払う。立ち寄り湯800円・・・ちょっと高いが、ホームページを見た感じ源泉かけ流しだし、施設も新しいのでこんなもんだろう。

 脱衣所に入る。なかなか洒落た造り、和風だが、いささか近代的にも感じる。いいところにお金かけててGood!(・ω・)ノ

 などという脱衣所感想文が仕上がったところで内風呂に入る。洗い場、浴槽(4~5畳くらいの大きさ)共に掃除が行き届いており、綺麗だ。この温泉の泉質は、「ナトリウムカルシウム低張性温泉」というらしい。「カルシウム・・・骨にイイのかっ!(゜o゜)」などという、端的感情に押し流され、源泉かけ流し神社の建物の形をした湯の花が付いた湯口から出る湯を一口ゴクリ・・・なんか懐かしい匂い・・・焦げた硫黄が混ざりあったような(゜~゜)。。。。。 ぬぉぅ!!これは、石炭燃やしながら走る蒸気機関車の味だ(^∀^)   まさかこんなところでこの匂いにお目にかかれ・・・いや、お鼻口にかかれるとは、思ってもいなかった、感動した! そんなこんなで次は露天風呂Go! εε(/・ω・)/⇒

_045

 この画像がトップ絵の加工前。 暖冬とはいえ嬬恋の外はさすがに寒いっ((>ω<)) 湯気が凄かった。(ここでカメラのレンズが曇り、内風呂と脱衣所が撮影不能に…哀れ(´・ω・`))  一応こっちの湯も一口ゴクリ・・・ムムムっ、なんだか味が薄い気が。。温度管理で加温してるのかな?わからないけど。 ということで、泉質的には内風呂のほうが良しと見た(^-^)

 実はこのお宿、客室に露天風呂が付いていたり、別料金で岩盤浴まであるらしい。すごいなぁ~。 そちらにも入りたいけど、俺は「立ち寄り湯」が専門なので、今回はパス。

 最後、身支度が終わり、受付前の自動ドアから外へ出ようとしたら、館内の掃除中だったのであろうか、自動ドアのスイッチが手動にされていてオデコがフレームにゴーン!!(*_*)・・・人生楽ありゃ苦もあるさ。。

評価・・・ 秘湯     ☆☆

      ひなびた感 ☆

      浴感     ☆☆☆

      湯の特徴  ☆☆☆★(←★は蒸気機関車の匂いの分)

そんなこんなで群馬県の温泉も、ちょっとずつ紹介していきたいな~と思いますので、よろしくっ(・ω・)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »