« 2013年6月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

2015/01/28

ナショナル 除湿形電気衣類乾燥機 NH-D45H1 修理個人メモ

「ナショナル 除湿形電気衣類乾燥機 NH-D45H1」が実家にあり、この修理に関して個人的にまとめてみる。

1


はじめに、この形式は製造時期により、リコール出ています。操作スイッチの基板はんだ不良で、最悪の場合発火するそうです。

この品番で検索かければリコール内容や問い合わせ先がわかるので連絡して無料で基板交換してもらえます。

うちの場合はシートスイッチの効きが悪くなった為、調べたら丁度リコールが出ていたのでラッキーでした。

211
交換が終わると、右サイドのメイバンシールがある付近に点検済シールが貼られました。

.

.

※ここからはあくまで個人の修理メモであり、当方法で施工して怪我、火災等が発生しても私は責任を負いません。自己責任でお願いします。

という前置きをいれさせていただいた上で、当機のドラム駆動ベルト交換方法をメモする。

2013年のとある日、乾燥機のドラムが回らなくなった。

2

赤い箇所のビスを取り外してみると

3

モーターからドラムに掛かっていたマルベルトが折損していた。
これじゃ動かないはずだ。

調べてみると、ほとんどの乾燥機の故障原因がこのベルト折損とのこと。

構造とすれば、丸ベルト1本で駆動モーターから何キロも衣類が入れられたドラムへ回転力を伝えてるわけだから、10年以上経てば切れるのは当然のこと。。(仕事柄マルベルトはよく触るが、硬化(ゴムの油分が抜ける?)による折損はよくある部品である。)

調べたら、「パナソニック  品名:マルベルト(50/60HZ) 品番:ANH413-3440」という名でベルトが販売されているらしい。

こういうアフター部品注文はケーズデンキさんに限る。早速電話で最寄店へ注文取り寄せ、後日購入受け渡しと相成った。このようなマニアックな部品でも電話1つで注文できるケーズさんステキ!

5

そして届いたのがコレ。説明書&グリース付き。1,500円あれば買えると思います。

.

作業手順


4
切れたベルトを取り除く。新品と色がぜんぜん違う


66
中心にあるフレーム上下2点のビスを外す。(外しても中心で止まっているため落下しない。


9
新しいベルトをドラムとフレームの間に入れ

10
そのまま下も同様に入れた後

11
中心の淵に引っ掛ける。


12
ここで付属品のグリース登場

13
ベルトと干渉する白いフェルトっぽい箇所に適量塗りつける。


14
左下モーターにベルトを引っ掛ける。

18
こんな感じになったはず。


②、①を逆手順で取り付ける。


19
試運転開始。異常が無いことを確認。

以上が交換手順です。

多分、このベルト折損だけでかなりの乾燥機がこの世を去ったんだろうなぁ。もったいない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はい、2015年 生存報告です。

①新年早々、ウィルス性腸炎により、下から上からランデブー状態の為、出勤停止な半炒飯です。

以前試飲して劇マズと思っていたOS-1が美味しく感じ、体内に浸透していくのがわかります。

本日やっとおかゆが食べられるようになりました。

早くケンタッキーが食べたいです。(願望)

.

.

②先日、1年半ぶりに湯端の湯に行ってきました。

高崎近辺では貴重な硫黄の香りを嗅げる場所です。

独り身ではなくなった為、温泉に行く機会はめっきり減りました。

.

.

③現在乗っている車(H17年式ムーヴカスタムRS)が経年10年10万キロ間近となり、エアコンサーボモータ故障交換及び、タイミングベルト劣化やサスペンション付近のブーツ等ゴム製品の破けが確認できる為、そろそろ買い替えを検討している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2015年3月 »